勘定

五勘定の話は続きます。

財産状態に関係する勘定(資産、負債、純資産):資産、負債、純資産のこの3つの勘定がくみあわさることによって、貸借対照表が作られます。

資産

資産とは、家庭の貨幣や価値があるもので、家庭の経営に役立つものすべてが、資産になります。

資産といわれて、すぐに想像できるのはお金だと思いますが、お金以外にも、 物体としての形はないけれど、法律で認められた債権(さいけん)や土地などの物(もの、ぶつ)も資産に含まれます。

具体的には、現金、預金、株券、車両、土地、建物などがあります。

家計簿で資産勘定は、現金以外は特に使われることはないとおもいます。株をやらない方にとって株券は関係ありませんね。

資産勘定は、簿記のルール上、財務諸表の貸借対照表の借方(左側)に記載されます。

負債

いつか他人に一定の額を支払うべき債務(さいむ)のことをいいます。

簡単にいうと、借金にあたるものです。具体的には、借入金などがあります。

負債勘定は、貸借対照表の貸方(右側)に記載されます。

これも家計であてはめてみると、住宅ローン以外は、あまり必要のないものになるでしょう。ということで、名前だけおぼえておいてください。

純資産

純資産は、会社でいうところの元手にあたるものです。

家庭の中でいえば、正味の財産というところでしょうか。自由に使えるお金というところです。

一応簿記の参考書では、資産勘定から負債勘定を引いたものという解説があります。

とはいうものの、これも家計にはあまり必要のない概念ですね・・・。何か事業を始めるわけでもないですし。

これも負債同様、名前だけを知っておいていただければいいでしょう。

純資産勘定は、貸借対照表の貸方(右側)、負債の下に記載されます。

そして資産、負債、純資産の3つの勘定がでてきたところで、この3つの勘定の位置関係を示すとこうなります。

<貸借対照表の構造>

借方貸方

資産負債
純資産

貸借対照表がうっすらみえましたね。

収支計算書の時と同じように、中心から右側と左側でわかれているのが特徴です。

この3つの勘定によって、家庭の財産の内容が明らかになるということになります。

とりあえず家計簿では家庭の収支の状態さえわかればいいので、貸借対照表はさほど書類としては重要ではないので、無視してもかまわないと思います。

年に一回作成するかしないか程度でかまわないと思います。

このように、お金の状態を、勘定という5つのグループに分けることによって、書く人も記録する時に、読む人も読む時に、わかりやすくなります。

だんだん簿記の話が深くなるにつれ、知らない用語が増えると思いますが、仕組みさえ理解すれば、すんなり頭に入ると思います。きっと自然に身についていきますよ。

Home家計簿掲示板相互リンクお金のことば・格言

copyright © since 2005/12/22当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
当サイトの情報・内容は、私個人の判断に基づいて作成され、いかなる損害が発生した場合も賠償責任は負いません。