Search


Category Archives

2007年03月12日

負わず借らずに子三人

負わず借らずに子三人
おわずからずにこさんにん
借金がなく、人の世話にもならず、家には子供が三人くらいる暮らしがまずは幸福であるということ。

親子の中でも金銭は他人

親子の中でも金銭は他人
おやこのなかでもきんせんはたにん
たとえ親子という親密な間柄でも、金銭の問題だけはしっかり他人と同じ関係をとるべきもの。お金に親子はない。

親苦子楽孫乞食

親苦子楽孫乞食
おやくこらくまごこじき
親は苦労して財産を作り、子は遊んで浪費し、孫の代には落ちぶれれこじきになるという、世の中の浮き沈みを言ったもの。

奢る者は心常に貧し

奢る者は心常に貧し
おごるものはこころつねにまずし
ぜいたくをする者は、いつも欲しいが先にたって、常に不足不満が絶えないので、さみしく、貧乏人とかわらないものだ。

お釜をおこす

お釜をおこす
おかまをおこす
事業に成功して身代を築く、財産をつくること。貧しさのため生活に困った郭巨が家族の食いぶちを減らそうと、自分の子供を埋めるという壮絶な決断をし、土をほったところ、穴から黄金の釜が出てきて、身代をおこしたという出来事から。

大掴みより小掴み

大掴みより小掴み
おおづかみよりこづかみ
商売は一度に大金を儲けようとすると、かえって無理をしてしまうために元も子もなくしてしまいやすい。それよりも小掴みで、少しずつ儲けて利益を積み重ねていったほうがよいという諺。

海老(蝦)で鯛を釣る

海老(蝦)で鯛を釣る
えびでたいをつる
蝦のような僅かな餌で、鯛のような大きな獲物を手に入れるところから、少しの元手や労力で、大きな利益を得ることをたとえたことわざ。

売り家と唐様で書く三代目

売り家と唐様で書く三代目
うりいえとからようでかくさんだいめ
初代は苦労して財産を残し、二代目はそのおかげで暮らしたものの、三代目になると遂に没落して、家を売りに出すようになるが、その売り家札はしゃれた唐様で書いてある、という道楽にふけった三代目の生活を表していることを皮肉ったもの。

入るを量りて出ずるを為す

入るを量りて出ずるを為す
いるをはかりていずるをなす
収入を計算して、入った分だけの支出を行う。収入に見合った支出を心がける。   借金なんてもってのほか、家計の大原則です。

いつまでもあると思うな親と金

いつまでもあると思うな親と金
いつまでもあるとおもうなおやとかね
親と金はいずれなくなってしまうので、親は生きているうちに孝行を尽くすべきだし、金は思いがけない出費の時のために備えて、倹約を心がけるべきという、自立と節約を促す諺。