収支計算書の構造

収支計算書がどのような形式にすればいいのかは、くどいようですが、基本的に自分がわかればいいので、形式は自由です。

しかし、これは外せないという大まかなポイントは一応参考として、一般的なフォーマットを載せておきます。

収支計算書(勘定式)

平成○年1月から平成○年12月まで
支出収入

食費

456,000円

給与(夫)

2,400,000円

家賃(住宅ローン)

540,000円

給与(妻)

840,000円

電気代

72,000円

その他の収入

12,000円

ガス代

48,000円

水道代

36,000円

電話代

60,000円

日用雑貨費

96,000円

医療費

24,000円

レジャー費

144,000円

交際費

36,000円

理容費

60,000円

衣服費

36,000円

車費

156,000円

教育費

0円

夫こづかい

384,000円

妻こづかい

48,000円

その他の支出

168,000円

・生活費計

2,364,000円

生命保険

144,000円

こども保険

216,000円

財形貯蓄

108,000円

その他の貯蓄

60,000円

・貯蓄・保険支出計

528,000円
支出計2,892,000円収入計3,252,000円
当期収支差額360,000円

食費や給与(夫)などの項目や金額は今のところは無視していただくとして、この表の見方としては

  • ポイント
    • まず、いつからいつまでの期間を記録したものなのかを書きます。
    • 次に勘定が表の中心をさかいに、左側に支出の勘定があって、反対の右側には収入の勘定がわかれならんでいます。
    • 支出側には支出合計が、同じく収入側には収入合計があります。
    • 収入合計から支出合計を差し引いた、収支差額があります。これが当期収支差額になります。

この表により、当期の収支、収入計3,252,000円から支出計2,892,000円を差し引いた金額、当期収支差額が求まり、赤字か黒字かが、わかることになります。この表の場合は+(プラス)なので黒字ですね。

また、もっとわかりやすく管理するために、貯蓄残高項目を加えてみてもいいかもしれません。

このあとは、基本的に家庭の財務情報ないしはデータを、どのように加工・集計していくのかということが焦点になります。

基本の骨格はこれだけなので、あとは、自分のライフスタイルに合った項目を、自分で加えていけばいいでしょう。

Home家計簿掲示板相互リンクお金のことば・格言

copyright © since 2005/12/22当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
当サイトの情報・内容は、私個人の判断に基づいて作成され、いかなる損害が発生した場合も賠償責任は負いません。