家計管理・節約

家計簿つけることによって、家庭内の経済状況に関して、いままでみえなかったものが見えるようになり、意思決定を通じてムリ・ムダが排除されることは前にお話した通りです。

また、このことは同様に、消費を節約をすること、また、家庭の経済状況を管理(家計管理)することができると、いいかえることができると思います。

これは家計簿によって、家庭内の経済状況、経済状況を大雑把に言えば、家庭に流れるお金の全体の状況を把握することが、家計簿をつけることによって知ることができるからなんですね。

いままでのことは、単に、同じことを異なった視点で言い換えただけであって、これも家計簿の一つの機能になります。

管理・節約に関しては特に例える必要はないと思います。節約、やりくりは皆さんが普段から行っていることでしょう。

家計簿はただ漫然とつけているだけではダメで、使ってナンボなんです。

さて、この章も終わりに近づいてきましたが、今までのことをまとめると、私が言いたいことは、とりあえず家計簿をつけてみようということです。

家計簿をつければ家庭内のお金の流れが 「 わかり 」 、お金の流れがわかるということは、節約または家計管理をすることにつながり、また他にもムリムダを排除することによって、環境資源の有効活用ができ、ゆくゆくは自分の夢や目標に遠回りすることなく近づくことができるという、家計簿はいいことづくめの技術なんですね。

しかも何かつけるためにソフトのようなものを買わないとできないというようなこともなく、何かかかるのかといえば、かかるのは手間と知識のみで、知識と手間はタダ・無料ですね。

ただでさえ世知辛い世の中、この技術を利用しない手はないのではないでしょうか。

Home家計簿掲示板相互リンクお金のことば・格言

copyright © since 2005/12/22当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
当サイトの情報・内容は、私個人の判断に基づいて作成され、いかなる損害が発生した場合も賠償責任は負いません。