Calcの簡単な説明

続いてこのページは、実際にCalcで家計簿を作成する時に必要になる、Calcの知っておくべき基本的な用語についての説明になります。

Calcでも他の表計算ソフトでもそうですが、構造を理解していないといけませんからね。

とは言ってもCalcを使用しているうちに自然におぼえていくはずなので、ざっと目を通すだけで、用語を今すぐにおぼえる必要はないと思います。

OpenOffice.org3.2の画面構成

表計算ソフトは、その名のとおり表で計算するソフトウェアのことで、またCalcで作成したデータは表計算ドキュメントと呼ばれています。

また基本的な作業は画面上にあるシートというスペースで行ない、そして表計算ドキュメントの中にはあらかじめ複数のシートが用意されています。

タイトルバー
現在編集中のファイル名が表示されます。保存していない場合は「無題」と表示されます。またこのバーをドラッグすることにより、ウインドウを移動させることができます。
メニューバー
Calcの機能が分類されており、メニューから機能を選択して実行します。
ツールバー
メニューバーの中でよく使う主な機能が割り当てられているボタンです。
横方向のセルの集まりです。
縦方向のセルの集まりです。
行番号
行は数字で表示され、1~65536まであります。
列番号
列は英字で表示され、A~AMJ(256番目)まであります。
セル
シート上のひとつのマス目で、ここにデータや数式を入力します。また、選択しているセルをアクティブセルと呼び、太枠で表示されます。
数式入力ボックス
セルの中に入っている数字や関数、文字列などの内容を表示、または入力することができます。
シート見出しタブ
タブをクリックすることによってシートの切り替えを行ないます。また、シートの追加や削除、シート名や並び順を変更することが可能です。
名前ボックス
選択されているセルの番地や名前が表示されます。

Home家計簿掲示板相互リンクお金のことば・格言

copyright © since 2005/12/22当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
当サイトの情報・内容は、私個人の判断に基づいて作成され、いかなる損害が発生した場合も賠償責任は負いません。