Search


Category Archives

売り家と唐様で書く三代目

売り家と唐様で書く三代目
うりいえとからようでかくさんだいめ
初代は苦労して財産を残し、二代目はそのおかげで暮らしたものの、三代目になると遂に没落して、家を売りに出すようになるが、その売り家札はしゃれた唐様で書いてある、という道楽にふけった三代目の生活を表していることを皮肉ったもの。

Recent Entries

  1. 負わず借らずに子三人
  2. 親子の中でも金銭は他人
  3. 親苦子楽孫乞食
  4. 奢る者は心常に貧し
  5. お釜をおこす
  6. 大掴みより小掴み
  7. 海老(蝦)で鯛を釣る
  8. 売り家と唐様で書く三代目
  9. 入るを量りて出ずるを為す
  10. いつまでもあると思うな親と金